内股鍛える

今回紹介したいのは、日常に歩く時にも内股鍛える五つ方法です。

 

内股鍛える
内股鍛える

 

内股鍛える5コツの第一:正確な歩き姿勢が必要

 

正確しない歩く姿勢をしたら、内股鍛える効果が得られません。

 

先ずは、腰から頭まで真っ直ぐになっている習慣が大事だ、そして、膝が伸びている事を意識する歩く習慣をなります。そうすると、腹部の深層筋肉も内股もを鍛えられます。

 

内股鍛える5コツの第二:足並みがいつもより大きい

 

時々いつもよりもっと大きい足並みで歩いたら、太もも及び臀部を鍛えられます。

 

即ち、脚を伸ばして、力を後ろの足の太もも内側に入れて歩いてみてください!

 

内股鍛える5コツの三:赤信号をまつ時には内股鍛えるチャンス

 

 

赤信号の時には、脚を肩の広さと同じ程度に開けて、左右の脚が合わせていたいように力を内にかけて立っています。

 

内股鍛える5コツの四:速く歩いたら熱量の消耗が増加できること

 

速く歩くことだけでは熱量の消耗が増加できます。

 

今から散漫な歩く方法を止めて、毎日大またで歩いていきましょう!

内股鍛える5コツの五:腰部を前へ伸ばしていくこと

 

道で跨ぐ時には腰も一緒に前へ伸ばしていきます。

 

ぐるりと回し、伸ばしなどの動作をして、内ももの引き締めが得られます。

 

以上のように、毎日に忙しくても、ジムか家で内股鍛えることができない人にも、効果的に朝晩の徒歩通勤時間を利用したら、内股鍛えることができますよ。